足裏 タコ 治し方

足裏のタコ治し方について

スポンサーリンク

足の裏のタコっていやですよね。
以前合わない靴をはいて足の裏にタコができてからずっと悩んでいました。
足の裏のタコの治し方にはどんなものがあるのでしょうか。
足の裏にタコができる原因は私のように合わない靴をはいたから。
体重がかかる足の裏の角質が固くなってしまったからと理由も様々です。
足の裏のタコと魚の目の違いは痛みがあるかというのが大きな違いでしょう。
でも足の裏のタコもほうっておくと皮膚の内側にも角質ができてそれが神経を刺激し痛くなり魚の目になってしまうことがあります。
やはり早めのケアが大切です。

スポンサーリンク

足の裏のタコができるのは足の裏に圧力がかかり角質が厚く固くなるのが原因なので足の裏のちからを分散させるのが効果的です。
一番簡単な方法は中敷きを使うということ。
足の裏が楽になります。
また最近では固くなったところをピンポイントに保護するパッドやジェル式のものが販売されているのでそれを利用するのもいいですね。
ひどいものは皮膚科にいって診断をうけて治療をうけるのが一番ですが、まだ軽いものなら自宅でのケアもいいです。
お風呂に入った後柔らかくなった足の裏の固いところを削るというのがまず考えられます。
この方法で気をつけなくてはいけないのは必要以上に皮膚の角質を削ってしまいかえって悪化させてしまうということ。
私の場合も削りすぎてかえって痛くなったことがあります。
市販の薬、ウオノメコロリのようなものを気になるところにつけて柔らかくすると言う方法もあります。

スポンサーリンク

足裏のタコ治し方について関連ページ

足裏のイボって放置しても自然に治るのか?