足の裏 水泡 かゆくない

足の裏の水泡でかゆくないのは水虫?

スポンサーリンク

足の裏の水泡、水虫かなと思ってもかゆくないし。。。一体何が原因かと思ったら。。。それはあせもの一種、汗疱の場合があります。
汗疱の場合夏汗をかく時期にひどくなることが多いです。
汗が原因で足の裏にブツブツと小さい水疱がたくさんできます。
ひどいとかゆくてたまらなくなるし、足の裏がきちゃなくて憂鬱になりますよね。
汗をかかない季節になると症状が収まり、また夏になるとひどくなるというふうになかなか完治しないでずっと付き合っていく人が多いです。
もしあなたの足の裏に水泡が出てきて、かゆくないなら早めの治療がいいですよ。
軽いものなら早めの治療で治りますので。
汗疱が悪化すると湿疹のようになり赤くなりかゆくて大変です。
水虫なのか汗疱なのかをかゆみで判断するのは難しいです。

スポンサーリンク

皮膚科で調べてもらうと見つかります。
きちんと原因をつきとめてから薬など塗らないとかえって症状が悪化しちゃうので恥ずかしがらずに行くことが大事です。
汗疱が湿疹になってしまう前に早めに治療するのがいいのですが、汗疱の状態ではかゆみがあらわれないので気がつかないことが多いです。
治療法としては現在のところ対処療法しかありません。かゆみを抑える抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤、サリチル酸やステロイド塗り薬になります。
対処療法なので塗っている時はかゆみを抑えることができるのでいいのですが、また再発してかゆくなってくる・・と言う繰り返しが多いようです。
またステロイド剤を常用するの不安を感じるひともいらっしゃるでしょう。薬を塗り続けることで体に副作用が出て困るというのもあります。
薬に頼らないようにするにはまずは汗疱をできないようにするのが大事です。
かゆみがある場合ついついかきむしってしまうのでそれを予防することもポイントになってきますね。

スポンサーリンク