足の裏 水ぶくれ 処置

足の裏の水ぶくれの処置について

スポンサーリンク

足の裏に水ぶくれができるのにはいろんな原因があります。正しい処置をするには水ぶくれができた原因をきちんと見極めてから行う必要があります。
原因がわからないまま市販の薬を塗り続けても治らない可能性が高いからです。
足の裏の水ぶくれができるのにはまず合わない靴を履いて足の裏に負担がかかることが考えられます。
スポーツなど足の裏が摩擦して水ぶくれができることもあります。
これらは靴ずれとして考えるといいでしょう。
合わない靴を履かないことが大事で足の裏を保護するインソールを使ったりして水ぶくれができないようにすることが大事です。
靴ずれによる水ぶくれができたら早めに処置してください。

スポンサーリンク

水ぶくれを潰す、潰さないという意見が分かれているのが現状です。
今のところ足の裏の水ぶくれに関しては放置して潰れてしまい、そこから雑菌が入るのを避けるために先に潰してから処置をしたほうがいいと言われています。
水ぶくれができたら指などで無理やりつぶすのではなく、煮沸消毒した針でつぶし中の液体を出し、その中の液体をきれいにぬぐいとりサランラップなどでつぶしたところを覆いテープで固定します。
サランラップに体内から出た液がついたらまた新しい物にかえます。
そうやって水ぶくれが自然治癒で治っていくのを待ちます。
この方法がオススメになります。
ただ水ぶくれを潰すのが怖いというひともいるので単なる水ぶくれを思わず皮膚科に相談したほうがいいでしょう。
足の裏の水ぶくれが靴擦れなどではなく水虫、汗疱、掌蹠膿疱症といった違う病気の場合でできた時は迷わず病院に行ってくださいね。
これらの病気は見た目が似ているので判断に迷います。
勝手に判断して合わない薬を塗ったらなかなか治らないことになってしまうので注意が必要ですよ。

スポンサーリンク