足裏 痛い 真ん中

足裏の真ん中が痛いのはどこが悪いのか?

スポンサーリンク

足裏の真ん中あたりというと土踏まずのあたりになるでしょうか。
その辺が痛いというときはまずたくさん歩いたり走ったりして土踏まずのあたりが疲労していることが考えられます。
それなら足裏のケアをすれば改善されるのでいいのですが。。
中には違う原因や思わぬ病気のサインの場合があるので気をつけてください。
足の裏が痛い場合まず考えられるのは足底筋膜炎を発症している場合があります。
足底筋膜炎とは足の裏にある足底筋膜が傷つき痛み起こる症状です。
足底筋膜はかかとから足の指の付け根に扇状に伸びています。これが痛みを起こすと歩くのも辛く大変です。
足底筋膜炎はスポーツのやりすぎや長時間歩いた時、そのほか加齢や肥満などで起きます。
また立ち仕事など立っている状態が多い人も足底筋膜炎になりやすいです。
足底筋膜炎の対処方法はストレッチが一番有効です。

スポンサーリンク

ストレッチでもなかなか治らない場合はたとえば肥満でしたら体重を減らすことも大事になってきます。
足底筋膜炎もしくは足底腱膜炎という名称になります。
この症状になってしまった場合、土踏まずがピンポイントで痛いというよりかかとから土踏まずにかけて痛いことが多いです。
長い間すわっていて立ち上がって歩き出す時に痛むなど特徴があります。
土踏まずがピンポイントで痛い時は足底線維腫の可能性があります。
あなたの土踏まずをさわってみてしこりを感じるときはこの可能性が高いですね。
このしこり自体は良性なのですが、ひどくなると痛みのため歩行が困難になり切除しなくてはいけないこともあります。
足底線維腫の時の対処法としては患部に痛み止め注射をうつ、足底板を作って着用するなどがあります。
どちらにしても原因がわからないと対処法にもこまりますので、痛みがひどくなる前に専門医の診断を受ける必要があります。
足底筋膜炎や足底線維腫は何科にいけばいいかわからないひとはまず整形外科を受診してみるといいでしょう。
もし足の裏の痛みが上記で紹介したものいがいのもの、例えば魚の目やタコの時などは一度皮膚科にいってみてくださいね。

スポンサーリンク