足の裏 皮がむける かゆくない

足の裏の皮がむけるのはなぜ?かゆくないから水虫じゃない?

スポンサーリンク

足の裏の皮がむけてしまって「げ!」ってなったことありませんか。
足の裏の皮が向けるのにはいろいろな原因が考えられます。
かゆくないから水虫じゃないもん!と思っていませんか。
かゆくなくても足が臭くなくても水虫の場合がありますので早めの治療がオススメです。
足の裏の皮がむけるのにはいろんな原因があります。
まず足の裏の皮が向ける原因として水虫。
こちらは多いです。
水虫といってもいろんなタイプがあり、じゅくじゅくしたものだけではなく、かゆみがないものもあります。
足の裏の角質をエサに繁殖する白癬菌が原因で皮が向けているかもしれません。
ただ自己判断で市販の水虫治療薬を使って悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。
一度皮膚科にいってみるといいですよ。

スポンサーリンク

つぎに考えられるのが足の裏の乾燥が原因で起こるもの。
足裏はただでさえ角質が厚くなります。
ほうっておくとその角質が古くなってべろ〜んと向けたり、ポロポロ落ちたりするようです。
多汗症の場合も足の裏に汗をかき、それが原因で皮がむけてしまうことがあります。
汗疱といって皮膚の中に汗がたまってしまいそれが原因でむけることもあります。
湿疹のような状態になることもあります。
汗疱はなおりにくいという一面もあります。
汗をかきやすい夏場など症状がでるので大変です。
ひどいときは病院にいったほうがいいでしょう。
水虫とちがって人に感染することはありません。
足の裏の皮がむけるのは水虫の場合が多いですが、水虫の場合家族や同居している人間に伝染りやすいので早めに病院にいくのがいいですね。

スポンサーリンク

足の裏の皮がむけるのはなぜ?かゆくないから水虫じゃない?関連ページ

足の裏の皮がむけてささくれのように…痛いのを解消するには