足の裏 汗疱 治し方

足の裏に汗疱ができた!その治し方について

スポンサーリンク

汗疱というのは足の裏や手のひらなどに小さな水疱がいっぱいできてしまうこと。痛みやかゆみが伴う場合もあるので放っておくわけにはいきませんね。
また足の裏や手のひらなど頻繁に使う部位なので見た目もいやですし、なかなか治りにくくて大変です。
汗疱ができる原因というのははっきりと解明されているわけではありません。
汗が皮膚から排出できず水ぶくれのような湿疹ができます。
一見水虫と間違われるので皮膚科で診断を受けることが大事です。
できた患部の組織を検査して白癬菌といわれるものがなけらば水虫ではないのです。
汗疱と水虫は見た目が似ているので間違えないように素人判断せず皮膚科を受診してくださいね。

スポンサーリンク

足の裏や手のひらにできる汗疱は多汗症であったり食べ物や金属のアレルギー症状が原因と言われています。
治るまでに時間がかかるので焦らず長期戦でいきましょう。
足の裏の汗疱は夏など汗が多く出る季節に多く見られます。
涼しくなると症状が軽くなる場合もあるのですが、大変です。
足の裏の汗疱ができた場合日常生活にかなり負担がかかります。
ひどくなる前に早めに治療することが大事です。
治療方法としてはかゆみなどがある場合は抗ヒスタミン剤などを処方されます。
サルチル酸軟膏などの外用薬を使う場合もあります。
あなたの汗疱の原因が多汗症の場合などはあわせてそちらの治療も行うことになります。
汗疱とにたような見た目ですが、水ぶくれではなく膿疱ができる掌蹠膿疱症という病気もあります。
忙しいひとはなかなか病院にいきたくなくて、市販薬があればそちらで治したいと思いますが、症状がはっきりしないものや判断に迷うものもあります。
一度皮膚科で診断するのがベストですよ!

スポンサーリンク

足の裏に汗疱ができた!その治し方について関連ページ

足の裏の汗疱は薬で治るのか?