足裏 だるい 原因 解消法

足裏がだるい原因は何?解消法は?

スポンサーリンク

私は長い間立ち仕事をしているので足裏がだるくて困ることがあります。
だるくて困るときは足つぼを押すスティックでグリグリやったり、足湯で疲れを癒やしたり、青竹踏みをしていますね。
そもそも足裏がだるくなるのはどうしてなのでしょうか。
足裏は立っているときに体重がかかりますのでその分負担があります。
立ち仕事の場合は立っている時間が長いのでどうしても足裏がだるくなってしまうんです。
足裏がだるくなるのには冷えも関係しています。
女性は冷え性のひとが多いので冷えないようにすることも大事です。
またむくみなどが原因で足の血液の循環が不調の場合も原因にあるんですね。

スポンサーリンク

足裏がとてもだるくなる場合には偏平足だからというのもあります。
交通手段の発達で歩くことが少なくなり、また足が保護された状態なので現代人は偏平足が多いのです。
足の裏には3本のアーチがありそのアーチで歩いた時の衝撃を吸収して分散する役割があります。
このアーチが弱くなり衰えると偏平足になってしまいます。
偏平足は足裏にかかる衝撃を軽減することができません。そのため偏平足じゃないひとの足に比べたら足裏が疲れやすくだるくなってしまうのです。
これをほうっておくと足の指の付け根に魚の目ができやすくなったり、またきちんとした姿勢で立つこともできなくなるので背中や腰などに負担をかけてしまうこともあります。
冷えやむくみなどは体の代謝を良くするもの、冷えないような食べ物、食生活で改善することも可能です。
偏平足ばかりは食事でなんとかするということができません。
効果的な方法としてはアーチを支える力を補助する中敷きを靴に入れたり、テーピングをしてみたりというものがあります。

スポンサーリンク