足の裏 病気

足の裏 病気記事一覧

足の裏は第二の心臓といわれていてつぼとよばれる反射区も多くあります。足の裏の色が健康のバロメーターの目安になります。足の裏が赤いのはイライラしている、怒りが溜まっているなどエネルギーが過剰に出ている状態です。また内臓系に不調があるときもところどころ足の裏が赤くなります。肝臓が不調のときなど足の裏が赤くなることがあります。足の裏全体ではなく赤い斑点がいっぱいできて、しかも痒みがあるときは水虫の可能性...

かゆみがないと自分ではなかなか気づきにくいです。足の裏に湿疹のように赤い斑点が!かゆみがないので判断もしづらいですが、何の病気なのでしょうか。赤い斑点のような湿疹が足の裏にできた場合いくつかの病気が考えられます。まず、単純性紫斑病。赤い斑点のような湿疹がおもに足などにできます。原因は解明されていませんが、疲れやすい時、生理のときにでやすいです。これは10〜20代の若い女性に起こることが多い病気です...

足の裏のほくろ、薄い茶色のものができているもの、これって放っておいても大丈夫なのか気になりますよね。ほくろは良性のものと悪性のものがあります。悪性のものはメラノーマと言われていて悪性黒色腫という皮膚がんの一種です。メラノーマを患う人は増えていて、転移しやすい癌なので早期発見して早めに治療をすることが望ましいのです。日本人の場合メラノーマは足の裏や手のひらにできることがおおいので足裏のほくろ、見つけ...