汗疱というのは足の裏や手のひらなどに小さな水疱がいっぱいできてしまうこと。痛みやかゆみが伴う場合もあるので放っておくわけにはいきませんね。また足の裏や手のひらなど頻繁に使う部位なので見た目もいやですし、なかなか治りにくくて大変です。汗疱ができる原因というのははっきりと解明されているわけではありません。汗が皮膚から排出できず水ぶくれのような湿疹ができます。一見水虫と間違われるので皮膚科で診断を受ける...

足の裏の汗疱は薬で治せるのでしょうか。まず汗疱は見た目が水虫に大変にているので、ほんとうに汗疱なのかどうかを医師に診断してもらうことが大事です。自分で勝手に水虫と判断し、市販の水虫の薬を塗ったけどいつまでたっても治らない〜ということにならないようにしてください。足の裏の汗疱は水ぶくれができるだけでなく皮がずるずると剥けたり、乾燥してがさがさになったりします。足の裏という体重がかかる部分でもあります...