足の裏 水虫 治し方

足の裏の水虫の治し方、最近は女性にも多いってよ・・

スポンサーリンク

水虫に悩むのは男性だけではありません。女性にも増えています。それは女性の社会進出がめざましく、それとともに靴を履いている時間が長くなったから・・なんて言われています。
また冬のファッションアイテムのひとつ、ブーツ。スタイルが良く見えるし温かいということで人気があります。このブーツで足がムレて水虫に…ということも。
女性も水虫だって恥ずかしがらずにケアしたいもんです。
水虫というと指の間というイメージがありますが、足の裏にもできます。
この足の裏にできる水虫、違う病気にも間違われやすいし、かゆみがないこともあるので注意してください。
足の裏の水虫には角質をエサに繁殖するものがありこちらはかゆくもないし、かさかさと乾燥した状態です。
よもや水虫だと思わないでそのまま・・・というひともいます。
かゆくなくても、皮がべろんちょとむける。。。ということであれば一度皮膚科の診断をうけたほうがいいでしょう。
足裏の水虫かどうかは皮膚に白癬菌があるかどうかですぐわかります。
あれば水虫ですし、ない場合は汗疱や掌蹠膿疱症の場合などいろいろ考えられます。
水虫だと思い込んで市販の薬で間に合わせようと使っていたけどなかなか改善する様子がないときは違う病気の可能性もあるので病院に行ってくださいね。

スポンサーリンク

また足裏の水虫は角質増殖型のものが多く根気よく治療しないとなかなか治りません。
塗り薬だけでなく飲み薬も併用しながら治療をしていくところが多いです。
飲み薬は副作用もあります。
医師と相談しながら治療をつづけることになります。
もし通常のんでいるお薬があったりアレルギーがある場合はその旨もきちんと伝えて治療してください。
水虫共通の治し方で共通のものとしては足を清潔な状態に保つ、乾燥させる、通気性をよくするなどに気をつけること。
伝染りますので家族とスリッパなど共有しないことが大事です。
患部をむやみに手で触るのも気をつけたほうがいいですよ。
水虫は基本的に夏場が多いのですが、足の裏の水虫におおい角質増殖型のものは夏も冬も関係なしです。むしろ汗がでにくい冬場にひどくなりますよ。
もしや。。。と思ったら早めにが大事ですね。

スポンサーリンク